« 2009年6月 | トップページ

2009年9月

突然ですが。。。

このブログの更新を停止させていただくことにします。

理由?

私めから暗黒面(ダークサイド)フォースが失われつつあるからです(笑) 

マコ総統は消滅します。

しかし、名前を変えてまたどこぞに出没するかもしれません。

ご覧いただいてましたみなさま、長い間ありがとうございました。 

サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

早くものっこみカレイ便り?

釣友で「好きなだけでよう釣らん男組」のダースハーミット組長が、な・なんと今シーズン初カレイを釣ってしまいました アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 

朝6時すぎ、「ダ・ダ・ダダ~note」というダースベイダーのテーマに起こされる。

組長からのメール、それにはカレイ画像が添付されてあった。

それを見たとたん、私の口から発せられた第一声は。。。。

「あかんがな。何しとんねん。」だった(笑)  

いつもならすぐに「出撃や~!」となるところだが、後追いはよい目をしたことがない。

それに釣ったのは、マグレ釣りを得意とされる組長である。 

すぐに私は、「もうちょっと待て!まだ早い!」と我にかえった。

あと3週間の我慢である。

ちなみにいつもは、なかなか更新されなかったり、貧果を闇に葬るブログ カレイめがけてフルキャスト!!」は、その日の昼すぎには更新されてました。

組長ってなんてげんきんな人なんだろう(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続 NEWアイテム追加!!           がまかつ投げ用デイバッグ

St330298 

St330296 

St330297 

 

 

 

 

これも買ってしまいました。

ヤフオクを観てると新古品が格安で出品されており、勢いで入札に参加。

半額以下で落札できました。

これで頭の先から足の先まで「gamakatsu」になっちゃいました。

客観的に釣りがめっちゃ上手そうにみえたりして(/ω\)

腕は伴わない下手糞キャスターですが、 

自己満足の世界なんでお許しくだされm(_ _) 

はよ、この装備でカレイ釣りに行きたいな~( ^ω^)

 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリについて

St330300  

先月末に岳洋社さんから発売された投げ釣り倶楽部です。

今回は「ハリについて考える」 というとても興味深い記事がありました。 

 

 

ということで私も考えてみました。

私の場合、

●がまかつカレイ専用14~16号、SASAME改良カレイイレグ13~15号、OWNER抜投カレイ14~15号

  これらを時期や釣り場に応じて使いわけます。主にマムシ(本虫)をエサにするときです。 

 

●がまかつA-1トーナメントカレイ13~15号 

  主にアオイソメを房掛けにするときです。

ふところが広くなってるのでたくさん房掛けにできます。針先も強く、超お気に入りの1品。 

 

●がまかつコウジマダイ15~17号 

  ユムシ・コウジをエサにするときに使います。

針先が外へむいているので中に隠れず、しっかりつけることができます。 

 

 以上、私の場合はエサの種類によって使いわけること。そして針先の鋭さ、耐久性を重視しております。 

 

  

  

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NEWアイテム追加!!             がまかつ振り出し投げ用ロッドケース

投げ釣り夏眠中に数点のNEWアイテムを追加しました。

そのひとつ!

St330290_3 

St330291  

St330292  

 

 

 

 

 がまかつ振り出し投げ用ロッドケースです。

この商品はカタログおちになってるため希望販売価格30,000円(税別)を半額近くで入手できました。

さすがGamakatsu高級感が漂ってきます。

ますます腕はともなわないのに格好だけは一人前ぶりに拍車がかかってきております(笑)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009明石カレイ対策

9月に入り、私の脳内は愛しのマコ様に侵されてきております。

St330293_2 過去のデータや関西のつりや投げ釣り倶楽部などの書籍をひっぱりだしてきて釣行計画とやらをたててみましたsign03                              

10月は、関西では早くからカレイの釣れだす明石方面を攻めてみることにします。 

明石は、激流の明石海峡に面しており、とにかく潮の速いところであります。

この時期はエサ獲りの多さもハンパではなく、加えてアオサなどの海草が仕掛にからみつきとても往生します。

そこでこれに太刀打ちするための対策を考えてみました。

~対策①~ 激流対策

竿の数を3本までにする。(ジアイのときは4本)

ラインは、この時期はさほどの遠投の必要もなく、漁港の船道のかけあがりを狙うことも多いので、なじみのよいナイロンライン4号を中心に使用する。

仕掛は全長80cmまでの段差仕掛を使用し、浮き上がりを抑える。そして仕掛を止めようなどの無駄な努力はせず、流し釣りを心掛ける。そして手返し勝負。

 

~対策②~ エサとり対策

生エサだと投入後、1~2分で素針状態にされることも多々あり。

なので、塩マムシ(シーズン前に大量購入)&ユムシで勝負する。

そしてマシンガンキャスト。 

 

~対策③~ アオサなどの海草対策

潮が走りだすと大量のアオサが仕掛けをひっぱり釣りにならなくなる。特にL型天秤に大量にからみつく。

そこで天秤を海底にあるときそして仕掛けを巻き上げるときには、直線状になり、且つ遊動式になるスーパーシグナルⅡを使用する。

Img_1855St330202 これは錘を好みの形状、重さを選べるので便利。

私は、フジワラの弾丸27~30号、六角30~35号で対処します。

そしてアタリはとても明確、飛距離も出る優れものである。 

 

あ~~~up早くカレイ釣りに行きた~~~いhappy01

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3ヶ月ぶりの更新です。もうすぐカレイのシーズンですね~~~。

お久しぶりです。

約3ヶ月ぶりの更新になります。

この男、カレイのシーズンになるとごそごそと出てきよります。

更新しなかった間も釣友ミスター座布さんやおかキングさんと何度かキス釣りにご一緒させていただいておりましたが。。。

「カレイ狂の詩」というお題をつけさせていただいてる限り、更新を差し控えさせていただいておりました(笑) (うそです。貧果続きだったのですよ。)

前置きはこれぐらいにしておいて、

あと1ヶ月もすれば、待ちに待ったカレイシーズン到来ですね~。

もちろん準備は着々と進んでおります。

新しいアイテムも仲間入りしております。

過去の記事にも書かせていただきましたが、

新しいクーラー導入しました。    St330285 St330274  

 

 

SHIMANOフィクセルベイシス22Lです。

第一精工サーフイチローの基台をとりつけ、お気に入りのgamakatsuのステッカーをぺタッと貼り付けました。

これでコンビニのお弁当もきちんと収まり、バケツ2つ、エサ箱3つ、500のペットボトル3本を入れてもまだ余裕がありそうです。大変気に入っております。

他にもロッドケースやリュックも新調いたしました。

また次回、ご紹介させていただきます。

 

 

 

                                    

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ